ランドセル,どこで

軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばいいのでしょうか?詳しく解説します。
ホームボタン
小学校を卒業した際に悩む方が多いのが進学する

小学校を卒業した際に悩む方が多いのが進学する

小学校を卒業した際に悩む方が多いのが進学すると使わなくなるランドセルの処分です。

捨ててしまう、人にあげるという人も依然多いですが財布やパスケースにリメイクすることがここ数年、人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として作られているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているけどそのままでは使えず、かと言ってそのままでは使えないので押入れに入れるとしても邪魔になってしまいます。

例えば、進学した際に定期券を使う場合はパスケースに仕立てるなど形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

最近、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが開かれているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を子供が気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は入学する1年前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られている製品を狙っている場合は早いうちから情報収集をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販での注文のみになっていることも多くできれば実物を確認しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から各メーカーかの展示会やメーカーもあるので今からでも情報を調べてみてはいかがでしょうか。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなバッグで行っていましたか?ほとんどの人がランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると2000年代前半くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに現在では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

もし選び方に悩んだら他の多くの方がどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例としては購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを買うとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さが重視ています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、金属パーツが厚いことなどです。

一時期、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する流れがありましたね。

人にプレゼントしたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、プレゼントが届いた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がミスマッチすることもあります。

この現象の発端となった人も実際、少し時間が経ってから「ランドセルの寄付自体には意味がない」と言っており子供達の支援が広がるきっかけになればというところ実際のところだったようです。

皆さんも何かを寄付する場合は贈る対象が必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

皆さんが子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?ほとんどの方が近くのスーパーや百貨店へ行くと思います。

中には、流通数が多くて比べやすいし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1回は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さはわかっても実際に背負ったときの体感重量や丈夫さなどがわからずフィット感が悪くて使いにくいことがあるからです。

他にも、金具部分のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

10数年前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では様々な色やデザインが登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と考えてしまう方もいると思いますが未だに人気は健在です。

2016年に行った調査では、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は1番、2番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色合いや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに迷ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

暑くなって来て「ラン活」が本格化する時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入する活動のことです。

ラン活時に気になるのは値段の相場という人も多いと思います。

1番人気の価格帯は4万円台となっており約7割の人が3万円台?5万円台を選んでいます。

実際に販売員をしていた方の言葉によるとその理由を見ると6年間使い続けるということを考えると安価な商品だと壊れやすい気がしてしまい不安という理由を見かけます。

実際に販売員をしていた方の記事を参考にするとやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいようです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏休みの風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が最も重要視していた色やデザインは「本人が気に入ったもの」でも良いですが年長さんの時に「かわいい」「かっこいい」と思っていたのが小学校高学年になっても趣味が変わるということはよくあります。

同じようにそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインを重要視している方が多いようです。

年々、購入時期のピークが早まっているランドセルですが2019年入学の子供をお持ちの方はすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数があるため7?8月中に売り切れる見通しとなっているようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどの光沢のあるメタリックカラーからオーソドックスなブラックに戻ってきました。

女子向けではアクア(水色)やパープルの人気は落ち着き、以前から人気のブラウン系カラーが流行です。

ブラウンや赤系など定番のカラーが人気なようです。

ラン活をするにあたってデパートの売り場などに出かけると思います。

その際の注意点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

売り場に行く前の確認事項は入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

店頭に行った際は丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にも万が一壊れてしまったときのために修理してくれるかどうかという他にも6年間の修理保証がついているとここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。
Copyright (C) 2014 ランドセルどこで買う?一番安いおすすめの方法 All Rights Reserved.