ランドセル,どこで

軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばいいのでしょうか?詳しく解説します。
ホームボタン
夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる時期になりました。

ネット上の調査によると7月〜10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位に出ている工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早めに新製品情報などを集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に起きたら困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてことも考えられます。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

皆さんが子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?ほとんどの方が近くのスーパーや百貨店へ行くと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのがダメとは言いませんができれば1回は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さやサイズはわかっても実際に背負った時に軽く感じるかや丈夫さなどが不明な点が多く6年間使い続けることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍や金具のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、色の細かい違いも売り場の方がわかりやすいです。

皆さんの子供時代、小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?ほとんどの人がランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに現在では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方がわからないときは他の方が重視していた面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを買うとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さが重視ています。

ここでいう丈夫さとは素材の質が良くて型崩れしにくいことなどです。

年々バリエーションの増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう買いましたか?まだ購入していない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう。

女の子向けの流行は王冠の刺繍やバラを模した金具などお姫様感満載のデザインが特に人気だったようです。

刺繍などのデザインは繊細で上品なものがここ数年の主流になっているようです。

刺繍などがないシンプルなデザインの場合では本体はブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

最近は居間で勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中できて、親にわからないところを聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただ居間にランドセルを置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアで解決してはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下のデッドスペースにカラーボックスを置いてみたり、壁のフックに掛けておくという方法もありますが床に置く場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際の注意点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやサイズはA4クリアファイルが入るもので良いのかもっと大きいサイズが必要なのかです。

サイズの指定はあるのかどうかということです。

ここでいう軽さはランドセル本体の質量ではなく背負った時の体感重量のことを言います。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは祖父母と一緒に子供連れの家族がランドセルを一緒に見ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」についてインターネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類や色など、幅広いラインナップから試して選べることと6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしては選べる幅が広いので奇抜な色などを子供が気に入ってしまうことがあることです。

最近の夏は来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

最初はスマホやPCで値段を調べる方も多いと思いますが意外と高いということにびっくりするのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した小学生の平均価格は45.000円以上になっていたようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応が主流になり容量が大きくなったので使う材料が増えていることや色やデザインの種類が多くなっているので開発費がかかっているためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談してみましょう。

お子さんが小学校を卒業した際に困るのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

数年前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

なぜリメイク出来るかというとランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているけどそのままでは使えず、かと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使えることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

この前、プライベートでランドセルについて調べていたらアディダスのロゴ付きのランドセルがある時代なんですね。

運動が好きな男子に良さそうな印象です。

販売されている製品の情報を調べると学習院モデルではしっかりとした箱型でそのため通常の日本メーカーの製品と比べるとアディダスのブランドロゴが被せ部分などに配されており通常の製品との大きな違いとして挙げられる点は施されているので思い教科書の負担が減り存在がわかりやすくなるので事故などにあう可能性が低くなります。
Copyright (C) 2014 ランドセルどこで買う?一番安いおすすめの方法 All Rights Reserved.