ランドセル,どこで

軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばいいのでしょうか?詳しく解説します。
ホームボタン
初めてのことはどんなことでも不明点だらけです

初めてのことはどんなことでも不明点だらけです

初めてのことはどんなことでも不明点だらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものは慎重になりがちです。

各社の製品について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーが多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3種類があります。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの製品の質はまず間違いないです。

次にオススメできるのは販売のみ行う企業です。

主に有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランドに沿っているか厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで失敗した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

ラン活を初めて行う際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場で見ると生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造元などの情報を知らなければいけません。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるので情報が多すぎて何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては最初にメーカーを1、2社選んでしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは質が安定して高いです。

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる時期になりました。

調査によると7月〜10月がラン活のピークとも言われていますが人気上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系など少量生産のブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいと言われたという話も聞きます。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

なぜかというと年末の決算で安くなっていたり、入学まで3ヶ月くらいの時期なら今年の人気カラーランキングや販売員側で売れ筋がわかることもあります。

最近では、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは色々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選択できることと6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため奇抜な色などを子供が気に入ってしまうことがあることです。

年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに予約・購入されましたか?ここ数年人気のデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数などの問題から売り切れる前に早めに注文されることも多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

規格としてはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは「スポーティで元気!」というイメージのものから「上品で知的」な方向へ変わっているようです。

女子向けでは水色や紫が人気でしたが定番の赤系もどちらかというとピンクに近い色味が売れているようです。

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに出かける機会があると思います。

その際に必ず確認したいことがいくつかあるので覚えておきましょう。

1つめは売り場へ行く前に調べておく内容です。

一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや店頭に行った際に注意したいのが丈夫さや軽さです。

店頭に行ってから確認したいのは丈夫さや軽さです。

背負った時の体感重量のことを言います。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の保証がついているか確認したいですね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

この前、私用でランドセルについて調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

元気いっぱいな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を詳しく調べると自社製造というわけではなく日本のメーカーへ製造委託しているようです。

低学年の頃など少々手荒く扱ってしまう時期に機能が似ているところも多く見受けられます。

他の製品との大きな違いとして挙げられる点はロゴが反射プリントされているので暗い道などで存在がわかりやすくなるので事故などにあう可能性が低くなります。

夏休みが近くなると来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期になりました。

最初はスマホやPCで値段を調べる方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供のランドセルは45.000円以上の価格のものが多かったようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料の量が増えていることや色やデザインの種類が年々増えているので開発費がかかるためなどがあるようです。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景が夏休みの風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについてチェックしておきましょう。

まず、先輩ママ達が最も重要視していた色やデザインは「本人が気に入ったデザイン」でも良いのですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが大きくなって趣味が変わるということはよくあります。

同じように幼稚園年長の時に人気のキャラものにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。

皆さんがランドセルを子供に買おうと思ったらどこで買いますか?ほとんどの方が近くのスーパーや百貨店へ行くと思います。

中には、店舗まで行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場へ行って現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さやサイズはわかっても実際に背負ってみて軽く感じるかや丈夫さなどがわかりにくく6年間の使用に耐えることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍など細かいディテールも確認できます。

通販を利用するとしたら実物を確認してからをお勧めします。
Copyright (C) 2014 ランドセルどこで買う?一番安いおすすめの方法 All Rights Reserved.