ランドセル,どこで

軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばいいのでしょうか?詳しく解説します。
ホームボタン
少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセ

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセ

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所や施設などに寄付する流れがありましたね。

プレゼントする気持ちというのは素晴らしいものですがその後、贈られた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望が合わないこともあります。

実際にこの現象のきっかけとなった人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と言っており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけになればというところだったようです。

皆さんも寄付する際は贈る対象が本当に本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに予約・購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれる人気のランドセルは生産可能数があるため7?8月中に売り切れる見通しとなっているようです。

これから購入される方向けに最新のトレンドを紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどの光沢のあるメタリックカラーからスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」から定番の赤系もどちらかというとピンクに近い色味が売れているようです。

この前、個人的にランドセルについて調べていたらアディダスなどのスポーツブランドモデルも存在する時代なんですね。

運動が好きな男子に良さそうな印象です。

販売されている製品の特徴を集めてみたところ自社製造というわけではなく日本のメーカーへ製造委託しているようです。

耐久性が高く造られています。

傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

他の製品との大きな違いとして挙げられる点は採用されているので思い教科書の負担が減り存在がわかりやすくなるので事故などにあう可能性が低くなります。

ここ数年、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここではおそらく皆さんの身近なイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について調査しました。

かるすぽランドセルの良い点は様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選択できることと6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため想定していなかった色や形を子供が気に入ってしまうことがあることです。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほぼ選ぶ余地がなかったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番人気を争い続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを基準にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで後悔した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

初めてラン活をする際は評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造工場はどこかといった売り場に並ぶまでの情報と言われています。

また、口コミを参考にしようとしてもメーカーは数十社もあり、情報が多すぎて何を選べば良いか決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては最初にメーカーを1、2社選んでしまうことです。

1、2社なら情報を集めるのも比較的楽なはずです。

子供が小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなってしまうランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスの人気が上がっています。

ランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性に優れ6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てられず押入れに入れておくよりもかと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

財布などにして買ってくれた親族にプレゼントする人も多いようです。

最近の夏休みは来年小学校に入学する子供のためのランドセル探しのピークになる時期になりました。

はじめはネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と価格が高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年入学児童のランドセルの平均価格は45.000円以上になっているようです。

なぜここまで平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり容量が大きくなったので使う材料が増えていることや色やデザインの種類が多くなっているので開発費がかかっているためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

夏休みはラン活が本格化する時期とも言われています。

実際のところラン活のピークは7月〜10月と言われています。

人気ランキング上位の工房系などは生産数の問題から夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系など少量生産のブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めるなど動いておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで同じ色が欲しいなんてこともあります。

個人的に購入するのにオススメなタイミングは年末年始です。

なぜかというと年末の決算で安くなっていたり、入学まで3ヶ月くらいの時期ならそこまで急激に体型も変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

毎年種類の増えているランドセルですが来年入学する子供を持つ親御さんはランドセルをもう決めましたか?まだ購入していない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ファッション業界のようにランドセル業界にもトレンドは存在しておりラン活をするにあたって流行を知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが特に人気だったようです。

刺繍などのデザインは繊細で上品なものがここ数年の主流になっているようです。

刺繍などの特別なデザインがないシンプルな製品の場合では本体はブラウン系、ふちはピンクといったワンポイントが違う組み合わせも人気です。
Copyright (C) 2014 ランドセルどこで買う?一番安いおすすめの方法 All Rights Reserved.