ランドセル,どこで

軽くて丈夫で使いやすいおすすめのランドセルはどこで買えばいいのでしょうか?詳しく解説します。
ホームボタン
皆さんは小学校へはどんなカバンで通学しまし

皆さんは小学校へはどんなカバンで通学しまし

皆さんは小学校へはどんなカバンで通学しましたか?多くの人がランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほとんど選択肢はなかったはずなのに今では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方に困ったら他の多くの方が重視している面を参考にしましょう。

例えば、購入時重視した面ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら機能面やデザインで何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ、容量を重視しているようです。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、金属パーツが厚いことなどです。

年々、夏休みなど購入ピークが早まっているランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに予約・購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能限度数などがあるため早めに注文されることも多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

ランドセルの規格はA4フラットファイル対応サイズが標準となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」から「上品で知的」な印象のデザインに変化してきました。

女子向けでは光沢の強いパール調素材の龍宇高が落ち着きオーソドックスな赤系もどちらかというとピンクや朱色に近い色味が売れているようです。

この前、来年の卵割に向けてランドセルについて調べていたらアディダスなどのスポーツブランドモデルも存在する時代なんですね。

運動が好きな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の情報を調べると百貨店モデルでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため通常の日本メーカーの製品と比べると傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

通常の製品との大きな違いとして挙げられる点はロゴが反射プリントされているので冬の夜や暗い道などで徹底して使いやすさにこだわっているようです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景がもはや夏の風物詩になってきましたね。

先輩ママ達がその際に重視していたポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったデザイン」でも良いのですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが大きくなってお気に入りのままかはわかりません。

同じように当時人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

小学校への入学時は教科書や学制服など考えていた以上に費用がかさみます。

その中でもランドセルは選択肢に幅があり質のいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた知り合いのアドバイスによると予算としては3万円以上を見込んでおくと高品質が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという発表もあります。

できるだけ品質が良くて安く購入したいという場合は工房系・国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで使用されていたものや少し傷がついたB級品と呼ばれるものもあれば、機能的にほぼ変わらない型落ち品などがかなり安く買えます。

夏休み前後からはラン活も本格的になる時期です。

調査によると7月〜10月がラン活のピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは生産数の問題から夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早めに動かなければいけないということからこの話が出ているようです。

ただ、早く決めすぎた場合に起きたら困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメの購入時期は年末年始のタイミングです。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、体型もそんなに変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

一時期、タイガーマスク運動と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する流れがありましたね。

何か助けたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、贈られた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象の発端となった最初に贈った人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と話しており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけになればというところだったようです。

震災などを含め何かを寄付する際は贈る対象にとって現在必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際に確認しておきたい内容がいくつかあるので売り場へ行く際はメモしておいてください。

1つめは売り場へ行く前に調べておく内容です。

一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや次に実際に店頭に行ったときには丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという6年間の保証がついていると安心できますね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

10数年前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色やサイズが登場しています。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色の赤という選択肢も全然アリですよ。

ここ数年、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセルを一緒に選んでいる光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」についてインターネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので想定していなかった色や形を子供が気に入ってしまうことがあることです。
Copyright (C) 2014 ランドセルどこで買う?一番安いおすすめの方法 All Rights Reserved.