香水のつけ方

香水はつけ方を間違えると香りがきつすぎたり、思ったより香りがしなかったり・・・と失敗してしまうこともあります。

そこで香水のつけ方をご紹介いたしましょう。

香水というのは肌につけ、人間の体温によって香りが発生するようになっています。

また下から上へ香りが漂うという特徴がありますので、体の上部分に付けるよりも、下部分につける方が香りが優しく漂ってきますのでおすすめです。

おすすめの場所は足首ですので、試してみてくださいね。

香水は擦り合わせることによってせっかくの香りの効果が薄れてしまいますので、こすらないようにしましょうね。

汗の臭いを消すために汗をかきやすい部分につける方もいるでしょうが、汗をかくことによって香りは変わってしまいます。

また香りもあまり持続しませんので、汗をかきやすい部分は避けた方が良いでしょう。

敏感肌の方は香水を直接肌につけてしまうとかぶれなどを引き起こす可能性があります。

ですから、敏感肌の方は直接つけるのは避けた方が良いかもしれませんね。

次に、どの程度つければ良いかということですが、香りが弱いものでしたら多めにつけても良いですが、反対に香りが強いものの場合は少量で十分に香りが漂います。

自分は毎日使っていることによって香りを感じにくくなるかもしれませんが、周囲の人の方が臭いに対して敏感になります。

ですから、自分は適量と思っているより少なめにつけることをおすすめします。

また仕事のときや、電車に乗るときは他の方の迷惑にならない程度につけましょう。