リーマンショックとは?

2008年9月に発生し、世界経済を大混乱に陥れたリーマンショック。

現在でも日本をはじめ世界中がこのショックから立ち直っていない状況で、混乱が続いています。

ではこのリーマンショックとはどのようなものだったのでしょうか。

このリーマンとは「リーマンブラザーズ」というアメリカの投資銀行のことです。

この銀行が巨額の負債を抱えて経営破たんに陥ることになりました。

その負債総額はじつに62兆円。

想像を絶する負債金額がさまざまな方面へと大きな影響をもたらすことになりました。

取引先、あるいはリーマンブラザーズが発行していた金融商品を所有している企業への影響はもちろん、連鎖反応で倒産する企業が続々と現れるのではないかという不安からアメリカ経済が一気に不況に突入しました。

その影響はアメリカ国内に留まらず世界中に影響、世界的な金融危機へと陥ることになりました。

日本にもその余波は及び、株価が急下落するなど大きな損害が発生しました。

このリーマンブラザーズの破綻は前年に発生したサブプライムローン問題がきっかけとなっており、住宅業界のみならずさまざまな分野の資産価値が暴落していたことが背景としてありました。

その中でリーマンブラザーズも巨額の損失を計上、最終的には経営破たんという道を辿ることになったのです。

金融バブルともいえるような状況が、このリーマンショックを生み出したとも言われており、その反省も含めた今後の世界経済の舵取りが世界中で課題となっています。