小学校に入学する子供のためのランドセル探し

最近の夏休みは来年小学校に入学する子供のためのランドセル探しのピークになる時期になりました。

はじめはネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年入学児童のランドセルの平均価格は45000円以上になっているようです。

なぜ平均価格が高くなるかというとA4フラットファイル対応が主流になり容量が大きくなったので使う材料が増えていることや色やデザインの種類が年々増えているので開発費がかかるためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談してみましょう。

年々種類の増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう購入しましたか?まだ決まっていない人もおそらく夏のうちに選んでおきたいところです。

ファッション業界のようにランドセル業界にもトレンドは存在しておりラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが非常に人気だったようです。

刺繍などのデザインはこのように繊細で上品なものが最近は人気です。

刺繍などがないシンプルなデザインの場合ではブラウン系やピンクに近い赤系のカラーが人気です。

ここ数年、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供が祖父母と見られるグループがランドセルを一緒に見に来ている光景です。

ここではおそらく皆さんの身近な売り場であるイオンのオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」について評判などを調べてみました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、幅広いラインナップから試着して選べることと6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広く選択肢が多いので奇抜な色などを子供が気に入ってしまうことがあることです。

どんなことでも1回目はわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものを選ぶのは慎重になりがちです。

各社の特徴について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーは大まかに3タイプに分類できます。

製造から企画・販売まで行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっている企業の製品の質はまず間違いないです。

次にオススメするのは販売のみ行う会社です。

主に有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

工場側が作れる製品しか作れないので革新的な製品が作れないからです。

夏休み前後からはラン活も本格的になる時期です。

調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは生産数の問題から夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早めに情報を集めておかなければいけません。

ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてことも考えられます。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、そこまで急激に体型も変わることもないので体に合ったものが選びやすいからです。

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに出かける機会があると思います。

その際に確認しておきたい内容がいくつかあるので売り場へ行く際はメモしておいてください。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4フラットサイズ対応のランドセルが必要なのかです。

サイズの指定はあるのかどうかということです。

ここでいう軽さはランドセル本体の質量ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという6年間の保証がついているか確認したいですね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると自分が子供の時は男の子は黒、女の子は赤と色の選択肢はほぼなかったはずなのに色々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方がわからないときは他の方が重視していた面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら何を重視するかというアンケートでは男子・女子ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう軽さとはランドセル本体ではなく背負った時に軽く感じるかです。

最近、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、特設コーナーで工房系の製品を気に入っても予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は入学する1年前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数限定なため工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物がどうなっているか見ておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から各メーカーかの展示会やメーカーもあるので今からでも展示会情報を調べてみてはいかがでしょうか。

ここ数年、購入時期の早まっているランドセルですが2019年入学の子供をお持ちの方はすでに購入されましたか?ここ数年人気のデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数などの問題から売り切れる前に早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに今年のトレンドを推察します。

ランドセルの規格はA4フラットファイル対応サイズが標準となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」からオーソドックスなブラックに戻ってきました。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」から今年はブラウンやピンクに近い色味の赤系が売れているようです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景が夏休みの風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが大きくなって趣味が変わるということはよくあります。

同じようにそのとき人気のキャラもののデザインにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。